ドラゴンへの道



類型   プロット
時長   100分
語言   沒有信息哦~
地區   香港
上映   07月03日
6.9
 共17評論

評論 |  討論

你想看這部電影?

 想看    不想看
50% 想看,共 166

ドラゴンへの道劇情

伝説のアクションスター、ブルース・リーの初監督作で、リー自ら主演・脚本・製作・音楽監修・武術指導を務めたカンフーアクション。ローマの中華料理店「上海」は、立ち退きを迫る地元マフィアからの執拗な嫌がらせに困っていた。香港から助っ人としてやって来た中国拳法の達人タン・ロンは、マフィアが送り込んだ男たちを鮮やかに撃退する。しかしマフィアもアメリカから最強の武道家を呼び寄せ、抗争は激化していく。コロシアムでのチャック・ノリスとの激闘シーンは、映画史に残る格闘技アクションとして語り継がれている。1972年に製作され、日本では75年に劇場初公開。2020年7月、アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺、なんばパークスシネマで開催の「ブルース・リー 4Kリマスター復活祭2020」にて、マイク・レメディオスの主題歌の入った日本初公開時英語版でリバイバル上映。

ドラゴンへの道劇照

ドラゴンへの道評論(20)

hxpwgi
hxpwgi
ローマのコロッセオでの死闘…が売りの本作。だが肝心のその格闘シーンでのコロッセオがハリボテ感(汗)。本物のコロッセオで撮ったであろうシーンもあっただけに残念無念(>_<) やはり世界遺産内では暴れ回ってはいけないのか?(笑)

他、あまりストーリーの本筋とは関係のない描写もあり、散漫な印象でした(>_<)
magjoet
magjoet
公開初日早朝、先着で貰えるポスターの為並んだ記憶があります。この作品の魅力は、ダブルヌンチャク、チャック・ノリス、そしてなんと言ってもノラ・ミャオのツンデレぶりでしょう(^-^)惚れました。
cxhrwdm
cxhrwdm
ネタバレ! クリックして本文を読む
復活祭で4Kリマスター版を鑑賞
危機一髪→死亡遊戯→怒りの鉄拳ときてこれでコンプ

なにせチャック・ノリスの存在感
セリフなしでも超熱いキャラを熱演は流石
ノラ・ミャオも相変わらずかわいかったけど
まさか野良ミャオまで出てくるとはw

英語吹替なのであの有名な
オマエハータンロンカー?が聞けなかったのが残念w

まさかローマロケしてたとは思いませんでしたが
本物のコロッセオから急にセットに変わったのは
やっぱり許可が下りなかったんでしょうねw

あとおじさんの黒幕設定は果たして必要あったのか?w

ブルースのチャーミングなシーンも満載で
楽しめる作品でした

世界は今もこの人を中心に回っている…
iuziiw
iuziiw
チャック・ノリス戦など、あまりに有名な映画だが、思えばじっくり見たことがないと思い、この機会に鑑賞した。今までブルース・リーのイメージが、物凄い形相で悪党を片っ端からなぎ倒すというものだった。だが本作を見ると、非常にチャーミングなキャラクターでとても新鮮だった。後々すごい形相にはなっていくのだが…
ストーリーは単純な勧善懲悪もの。だが見終わった後に絶妙な後味の悪さを覚えた。それは戦いに身を置く、決して争いの渦から抜け出せない武術家ブルース・リーという人間の性、宿命を描いた故にあえてスッキリさせないように作っていたのだろうと自己解釈した。武術家、格闘家という存在を、映画という皿に丁寧に理解し、尊敬し、リスペクトして盛り付けているなあと実感した。それはあの有名な決闘。チャック・ノリス戦を見ればすぐにわかる。
ローマが舞台で話が展開しているのもそうだが、武術家としても、映画スターとしても、山に登りきった後も、香港カンフー映画とブルース・リーという男に、文字通り全世界がひれ伏せたということだろう。
歴史に名を残す。さすがブルース・リー
素晴らしい映画だった。
yedltyx
yedltyx
4Kリマスターのリバイバル上映にて鑑賞。
自分はまだまだ不勉強だったのか、オープニングとエンディングがニセのカッコ悪い怪鳥音がかぶせられたテーマ曲が流れるいまだ未見のバージョンであった。
本編の方は既存のソフトで観ることができる英語バージョン。劇中に流れるサントラ曲に関しては個人的には一番馴染みの深い日本語吹替えバージョンの方が好きだなと。
今回は4Kリマスターとゆー事で画質の向上をそこそこ期待していたが、昔からボンヤリしていたシーンなどは全く改善されておらず今一つどこを4Kリマスターしたのかがよくわからなかった。ひょっとしたら劇場のスクリーンよりもブルーレイとかの方が画質の向上は確認できるのだろーか。
何はともあれおそらく自分が生きているうちに劇場の大画面でブルースリーが大暴れするのを観れるのはこれが最後かと思われ、そのありがたみをヒシヒシと感じながら鑑賞した。
前二作(ドラゴン危機一発、ドラゴン怒りの鉄拳)はアクションシーンが振り付け的なものであったのに対し、本作からは本格的にブルースリーがやりたいようにこだわって作ったと思われるアクションシーンが随所に散りばめられ、いよいよブルースリーが映画を通して截拳道をアピールし始めた作品だと思う。
そうしたブルースリーの情熱もたくさん伝わってくる作品だと改めて感じた。
それはこの後に作られる「死亡遊戯」や「燃えよドラゴン」にも受け継がれていく。
kzbnbtx
kzbnbtx
ブルース・リーが監督、主演、脚本を務めた作品。
リーの作品全般に共通するけど、脚本は重要じゃないです(笑)
彼のアートな動きを楽しむのが正しい観かた。

本作の見どころは、まず上半身裸で型を行うシーン。
プロ・ボディビルダーも絶賛する彫刻のような体!特に広背筋から大円筋の盛り上がりが凄い!!ここはパンチを繰り出す筋肉なので、実戦でほとんどの相手を、サウスポースタイルからの右のリード・パンチ1発で6秒以内に倒したと言うのも納得ですね〜。

次にダブル・ヌンチャクと、キックミット持った人を吹っ飛ばす本気のサイドキック。
サイドキックは、足の運びから移動の力を蹴り足に乗せやすいので、比較的簡単にミット持った相手を飛ばせるのだが、リーの60kg前半位の体重であそこまで飛ばせるのは凄過ぎる!

そして最後にアメリカ人武術家役チャック・ノリスとの一騎打ち。
映画用の派手な技の中に、自身の創設したジークンドーの技を入れてます。
相手の出足を踵蹴りで止めたり、足でフェイントかけながら反対の足で蹴るなど、さりげなく入れているので要チェック!

日本人武術家役ウォン・インシックとの戦いは、別の意味で要チェック。
インシックの「おまいは〜タンロンが?」「あ〜痛たた」「おぉ いた」など変な日本語に爆笑必至!!
eiikma
eiikma
まぁ、要らないといえば要らないんだけど、男女がスマートさを競うようなグダグダなくだりは意外と魅力的で、ブルース・リーの映画の一般的なイメージとは違ってなかなかよかった。

何しろ、ノラ・ミャオさんがかわいいのなんのって。
今でも十分通用するスタイル。
ブルース・リーの相手役は、お洒落具合も含め私好みである。

もちろん、ブルース・リーの動きも素晴らしく、また、演出がそれを引き立てている。
ようやくスローモーションと早回しと通常部分の見分けがつくようになってきた私には、型の美しさが目立って見える。
あと、筋肉がホンモノなのか疑惑まで感じてしまうほど、すごい身体です。
肩甲骨の羽根が見えるところなんか、今でもビビる。
柔らかさとスピードと力強さを兼ね備えているというシーンが満載で、超かっこいいです。

あと、チャック・ノリスの胸毛ネタもなかなか。
後の姿しか知らなかったので、あまりの若さにビビる。
思ったより動けるんだなぁ。

コロッセオは映画館でないと楽しめない幅広な構図で、とても気に入った。

猫もかわいい。
snahqvv
snahqvv
何よりも…
ブルース師父の御姿を、大銀幕で初めて観られた喜び!涙
ただただ其処に尽きた一本。

作品的には、自分よりも年上だから…というのもありつつも。
悲壮度少な目で、茶目っ気タップリに演じる師父が見られるのだけでも大きな価値あり。

チャック・ノリスとのラストバウトは、武道家同士の尊敬を感じさせる作りで素晴らしかった…のだけど。
足技の妙が堪能出来た一戦という点で、ベストはその弟子との闘いかな。
あと、ダブルヌンチャクはやっぱり燃える!

そして1番の伏兵。
今は亡きビデオテープで見て以来、すっかり失念していた…

「おまいは〜タンロンか?」

不意を突かれて、思わず劇場で笑ってしまった事をここに謝罪致します。
アイツ、アイツだよ〜懐かしいな!笑

ともあれ。
ブルース師父作品の中でも上位の作品。
男子に限らず燃えたい全ての方、必見!
cjvyga
cjvyga
準備体操だけでこんなにワクワクしてしまう作品は無かったと思う。

ストーリーは単純明快。

チャックノリスの手強そう感が相まって、ブルースリーが映える。
あちらこちらでパロディも見かけるので、未見は勿体ない
snwawe
snwawe
あの勝新太郎先生に「紙芝居みたいな映画だなぁ...」と言わしめた単純明快な作品。ブルース・リーに全く思い入れの無い人には少々キツい作品かもしれないが、コミカルな師父を唯一見られる作品として、リー主演映画では個人的ベスト1。敵役(という程でもない小悪党)である若き日のウォン・インシクによる「お前がぁ〜 タンロンかぁ〜?」のトンチンカンな日本語名セリフも飛び出すw 特にクライマックスのチャック・ノリスとの激闘は最大の見どころだ。