7.2
 共28評論
我要評價
你想看這部電影?
 想看    不想看

50% 想看,共 167

評論  |  分享 

ディア・エヴァン・ハンセン劇情

トニー賞で6部門を受賞し、グラミー賞、エミー賞にも輝いたブロードウェイミュージカルを映画化。監督を「ワンダー
君は太陽」のスティーブン・チョボウスキーが務め、ミュージカル楽曲を「ラ・ラ・ランド」「グレイテスト・ショーマン」「アラジン」など大ヒットミュージカル映画に携わってきたベンジ・パセック&ジャスティン・ポールが担当。学校に友達もなく、家族にも心を開けずにいるエヴァン・ハンセンが自分宛に書いた「Dear Evan Hansen(親愛なるエヴァン・ハンセンへ)」から始まる手紙を、同級生のコナーに持ち去られてしまう。後日、コナーは自ら命を絶ち、手紙を見つけたコナーの両親は息子とエヴァンが親友だったと思い込む。悲しみに暮れるコナーの両親をこれ以上苦しめたくないと、エヴァンは話を合わせ、コナーとのありもしない思い出を語っていく。エヴァンの語ったエピソードが人々の心を打ち、SNSを通じて世界中に広がっていく。エヴァン役をミュージカル版でも主役を演じたベン・プラットが演じるほか、ケイトリン・デバー、ジュリアン・ムーア、エイミー・アダムスらが脇を固める。

ディア・エヴァン・ハンセン預告線上看

ディア・エヴァン・ハンセン演員

ディア・エヴァン・ハンセン劇照

ディア・エヴァン・ハンセン評論(19)

xsxjrb
xsxjrb
ネタバレ! クリックして本文を読む
ー エヴァン・ハンセンが自らのセラピーのために毎日自分宛に書いていた手紙が、誰にも心を開かないコナーに奪われるも、コナーの自死により、エヴァン・ハンセンの手紙がコナーからのモノと誤解され、彼がコナーの唯一の親友だったと勘違いされる。
更に、彼が樹から”落ちて”ギブスを付けていたところに、コナーが自分の名前を書いた事も後押しして彼は・・。-

◆感想
・エヴァンが、苦悩するコナーの両親の姿(特に母親シンシア(エイミー・アダムス))を見て、嘘を付かざるを得ない状況に自然となって行く過程の描き方。
- それは、彼が内向的で嫌と言えない性格や、気を惹かれているゾーイ(ケイトリン・デヴァー)の存在もあったであろう。だが、一番は彼の優しい気質があの嘘を付かせたのだと思う。-

・その嘘が拡散して、彼は友人が一人もいなかった変わり者コナー(ゾーイは彼を怪物とまで言っている。)の隠れた親友となってしまい、更に皆の前で緊張で震えながら”コナーに対しての”手紙を読み上げるシーンが、更に拡散して彼とコナーは親友だったことに・・。
- 喜ぶコナーの母と義理の父。あそこまで行ってしまうと、”嘘だった”とは言えないよなあ・・。-

□この作品は、ミュージカルの映画化であるが、登場人物の気持ちを独唱で表して行く。流石にエヴァンを演じたベン・プラット(ガンバッテ、コウコウセイヲエンジテイタ・・)の歌は、心に沁みる。
只、気になったのは他の登場人物も独唱するのであるが、ワンシーンのみであり、”これって、ミュージカルかな・・”と少しだけ思ってしまったよ。

・コナーとの思い出のリンゴ園を復興しようとするクラウドファンディングまで立ち上がり・・。
- アラナ(アマンドラ・ステンバーグ)達の善意によるモノであり、これもエヴァンを追い詰めていく。小さな優しき嘘が、ドンドン世間の共感を得ていくエヴァンの複雑な気持ちを考えると・・。-

・エヴァンは到頭、SNSで自らの嘘を発信し、ゾーイとの仲も微妙になってしまう。
だが、エヴァンが強かったのは、掌を返したような世間に対し、コナーの生い立ちを調べ、中学の卒業名簿に、好きな本:「猫のゆりかご」(カート・ヴォネガット著作で、可なり風変りな作品。彼の性格の変化を物語っていると、私は思った。)という言葉を見つけ、更に彼が矯正施設に入っていた時の知り合いに辿り着き、コナーの隠された一面を見つけるシーン。
- コナーが、矯正施設の皆の前でアコースティックギターを奏でながら、綺麗な声で
”少しだけ違うと感じる・・”と歌う姿。
コナーも又、深い孤独を抱えながら生きていたのだ・・。
このシーンは、心に沁みた。-

・そして、エヴァンも又、母(ジュリアン・ムーア)に手を怪我をした”真実”を、勇気を出して伝えるのである。

<今作では、エヴァンを始め、コナーの両親、ゾーイ、エヴァンの母と表面上は通常の社会生活を送りながら、孤独感を抱える人々が多数描かれている。
そんな彼らに、一番孤独だったエヴァンが齎したモノ。
SMSの怖さも絶妙にパラリと振りかけながらも、少し脚本が粗く、今作がミュージカルと言われると”そうかなあ・・”と思ってしまったが、自分自身の弱さ、孤独を克服していくエヴァンの姿や、彼の姿に触発され、一歩前に踏み出す人々の姿が印象的だった作品。
コナーの死は残念だが、彼の心の葛藤も又、人々の心を動かしたのであろうなあ、と思った作品でもある。>
Osnihgpxskm
Osnihgpxskm
“思いやりの嘘”からいつしか“憧れを真実と信じたい”と変わったエヴァンの嘘。
誰だって一つや二つ思い当たることある。人間は弱くて孤独だからエヴァンを責めることはできない。

本作はSNSが持つ問題や、若い子達の自殺や薬物との問題、一人親家庭の親子の葛藤や人々の孤独を描いているが、
そこに美しい楽曲が加わり感動的な作品に。

楽曲は、素晴らしい。
ブロードウェイの舞台でも主役を演じたベンの歌声には圧巻だ。
特に私はメールを作成しているときの楽曲「Sincerely me」がお気に入り。一番の見せ場の「You Will Be Found」のシーンは自粛期間中に流行ったリモート動画の大合唱を彷彿させた。

本作をみてティーンエイジャーや若い人たちがどんな感想を持つか聞いてみたい。人々が抱える孤独って私がティーンエイジャーだった約20年前と比べてより深刻化している気がする。

例えばインスタに生息しているキラキラ女子、SNSでは羨望の眼差しを浴びていても、実生活のリアルな姿はいかがなものか、、、。
彼女(彼)たちも“匿名”だから笑顔で強くいられるだけなのかもね。その虚栄心の正体は孤独や不安だったりする。

だからアラナの歌う楽曲やベン・プラットの歌う「You Will Be Found」の歌詞が胸に沁みる。何度も何度も涙を拭いました。

ただ、もっと、「どかーん」と大きな感動の波が押し寄せ勢いある作品を期待していたから、少し物足りない気もする(小さな波がずっと押し寄せる感じ)。グレイテストショーマンの「This is me」の息を呑むほどの感動作に出会いたいな。
Hoipkssgmxn
Hoipkssgmxn
ミュージカル風など独唱映画は苦手です。ストーリーは1人の少年が誤解から小さな嘘をついてしまい、事が大きく発展してしまう。決して良い事ではないが観ていれば分かる理解も。
書いてしまえば大そうな話ではないが映画では素晴らしく描かれている。
観る人によっては感動、涙するかな。

自分にはまあまあ良かった映画です。
Kmigpxhsnos
Kmigpxhsnos
ある意味王道ストーリー。
これをこの形で映画にすることに意味があるのだと思った。
この形だからこそ、心に染みて来るのではないだろうかと思った。
この映画を違和感なく成立させるのは、アメリカのエンタメ、映画業界の奥深さがあってこそだと思う。
演技がうまい、歌がうまい、編集、演出がうまい。
アメリカの映画作りの質の高さが、この王道ストーリーを退屈なものにはさせないのだなと感じました。
映画として「歌う」こと以外は狙ったこと、派手なことはせず、地に足がしっかりとついていて、とてもよかった。
違和感なく映画に入り込ませてくれるのは、本当に映画力があってのことだと思う。
心に痛い、良い映画だと思いました。
Pgoxmishsnk
Pgoxmishsnk
ネタバレ! クリックして本文を読む
自死した同級生の遺族に、彼と友達だったと嘘をつく。それも、ちょっとつつかれたらすぐバレそうな拙い嘘を。
先々のことまで現実的に考えると、それはものすごく残酷なことだ。そのような行動を物語の主人公にやらせるなら、せめて嘘をつくに至った理由として余程説得力ある差し迫った事情が提示されたり、嘘が公になったあとで本人が相応の報いを受けないと、見ていて何だかいたたまれなくなる。
そういった因果応報の描写が終盤にわずかしかなかったためか、遺族への嘘という重い行為がエヴァンの積極性を引き出すための踏み台として扱われているようにしか見えず、2時間でかなりフラストレーションが溜まってしまった。私が固く考えすぎなのだろうか。
以下、散々な感想を書きます。好意的に鑑賞した方、ごめんなさい。

公式サイトを見ると、エヴァンの嘘を「思いやりの『嘘』」と表現し、亡くなったコナーの両親を苦しめないため、思わず話を合わせてしまったと書いてある。私の目には、もともと他人とのコミュニケーションが苦手なエヴァンが、言いにくい事実をきちんと言うという本当の誠実さを全うすることから逃げたようにしか見えなかった。
もしかしたら、本作ではこれをきちんと「エヴァンのダメな部分」として描いているつもりで、思いやり云々は日本のプロモーターの適当な作文なのかも知れない。彼は極端にコミュニケーションが不得手という設定でもあるし、初手でつい嘘をついてしまったことについてはひとまず甘受することにして。
その後、彼はその嘘をつき通すために同級生のジャレッドに金を払ってコナーからのメールを捏造してもらい、遺族に嘘を重ねる。偲ぶ会の演説でも嘘を言い、社会活動好きのアラナに誘われてコナーの名を冠したリンゴ園のクラウドファンディングの広告塔になる。そもそもリンゴ園がコナーの思い出の象徴のようになったのもエヴァンの嘘が起点だが。
果てはエヴァンをすっかり気に入ったコナーの両親から学費援助のオファーを受ける。これはかろうじてエヴァンの母が断ったが、エヴァン自身には罪悪感から申し出を断ろうという様子は見られなかった。片想いしていたコナーの妹ゾーイから告白されて付き合うようになると、リンゴ園クラファンの集会もサボるようになる。本当に親友なら万難を排して参加するのでは、とアラナにもっともな指摘をされても真実を告白しない。
それどころか、遺族と自分しか見ていないコナーの遺書(と誤解されたままのエヴァンの自分宛日記)画像を、自分の嘘を補強するためアラナにメールで送り、そこからコナーの遺族がネット炎上してしまう。
うーんこれ、「促されるままに語った(公式サイト)」という表現から感じる、悪意はないから、で許される範疇を超えてませんかね。エヴァンの自己保身にしか見えない。お金が絡んできても嘘をやめない時点で何だか印象が……

で、嘘がバレたエヴァンは一応SNSに謝罪動画をアップしたり、今更ながらコナーのプロフィールにあった彼の好きな本を読んでみたり、コナーの個人情報をリサーチして彼が施設でギターの弾き語りをしていた動画を発掘する。それをUSBに入れて郵便でコナーの両親に送り、何だか許されたような空気感になる。
ごめんなさい、私が同じように嘘をつかれてとばっちり炎上まで経験したら、エヴァンからの封書は開けずに捨てます。

メンタルに問題を抱えた人のつらさ、一見健康そうな人もそういう悩みを密かに抱えている可能性を想像することの大切さ、それはよく分かる。だからこそ、自死遺族に嘘をつくなんて変にセンシティブな部分に踏み込んだ設定にすることの必然性がよく分からなかった。
エヴァンが小学生だったら、あのあまりに場当たり的な嘘も子供なら仕方ないと思えて、作品自体はもうちょっとポジティブに受容出来たかも知れないが。

あまりに付いていけなかったので散々に書いてしまったが、活発なようでいてつらさをうちに秘めたアラナの歌はとても共感出来たし、ジュリアン・ムーアが歌っていたのは新鮮だった。楽曲は耳に心地よいメロディが多く、歌詞のメッセージも素晴らしかった。

喜歡並分享心得

相關文章&新聞

相關電影

ディア・ウエンディ ディア・ウエンディ
プロット  デンマーク・ドイツ・フランス・イギリス合作
12月10日 2005 上映

ディア・ハンター ディア・ハンター
プロット  アメリカ
12月14日 2018 上映

ディア・ドクター ディア・ドクター
プロット  日本
06月27日 2009 上映

Dear Pyongyang ディア・ピョンヤン Dear Pyongyang ディア・ピョンヤン
プロット  日本
08月26日 2006 上映

디어 평양 Dear Pyongyang, ディア・ピョンヤン 디어 평양
Dear Pyongyang, ディア・ピョンヤン
가족,다큐멘터리,드라마 .23 개봉  일본
11月23日 2006 上映

디어 프렌즈 Dear Friends, ディア フレンズ 디어 프렌즈
Dear Friends, ディア フレンズ
드라마  일본
01月01日 2007 上映

最新上映